【資料館・岡豊城跡について】

高知県立歴史民俗資料館について
高知県の歴史系総合博物館です。2010年4月10日に常設展示をリニューアルしました。2階には長宗我部氏について詳しく紹介する「長宗我部展示室」を新たに設け、3階総合展示室では展示資料を大幅に入れ替えて土佐の人々の歴史・文化・くらしを多角的に展示紹介しています。館の立地する岡豊山は戦国時代の長宗我部氏の居城跡「国史跡岡豊城跡」で、一角に山村民家を移築している「岡豊山歴史公園」です。散策しながら城跡や民家の学習、また桜をはじめ四季折々の草花を楽しむこともできます。

岡豊城跡について
3階総合展示室では、原始・古代から現代にいたるまでの高知県の歴史と文化を考古・歴史・民俗の資料によって総合的に展示しています。
2階長宗我部展示室では、長宗我部氏や国史跡・岡豊城跡に関する資料を展示しています。中央には阿波中富川合戦時の長宗我部軍本陣を再現し、戦国時代の雰囲気を体感できます。
また、津野町から移築した山村民家「登録有形文化財 旧味元家住宅主屋」も屋外展示しています。


 
<【0】戻る